園長ブログ
鶴甲に吹く風は。

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.02.17 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    お地蔵さんと雪だるま

    0


      先週の大雪。皆さんのところはいかがでしたか。

      双葉学園のある鶴甲は、標高200メートルぐらいのところにあるので、下のほうの市街地よりは、やはり雪が多く積もりました。

      写真は、職員さん作の雪だるま。

      作ったあと、気温が上がってきたので、ちょっとグダ〜としてますが、

      それもまあご愛嬌。

      で、お隣に座ってらっしゃるのは、学園に昔からあるお地蔵様です。

      え?

      なんで児童養護施設の園庭に、お地蔵様があるのかって?

      それは、また長い別のお話・・・。
       

      ゲートが開きました。

      0
        あけましておめでとうございます。
        双葉学園の2014年が、今日元気よくスタートをきりました。

        この年末年始、園に残って暮らすお子さんは12名。
        昨日の夜は、カニスキ(ご寄贈で美味しいカニをたくさんいただいたのです♪)を、今朝はお雑煮とおせちを、12名のお子さんと宿直の職員さんと一緒に、ほくほく食べました。

        思えば、ちょうど一年前、このブログで元旦のことを書いたのがほんと昨日のことのようで、歳をとると月日の過ぎるのがとてつもなく速い速い。
        まったくもって目がまわります。

        しかし、です。

        子どもにとっては、一年はとてつもなく長い。
        自分自身が子どもの頃を思い出してもそう。
        だから、子どもたちの体感時間に寄り添って、一日一日を大切に、そして丁寧に、子どもたちの養育にあたりましょうよね、と、大晦日のミーティングでも、職員さんたちにお願いをしたところなのでありました。

        一日一日を、大切に、丁寧に。
        子どもたちと暮らしていこう。

        今日から。
        この、一日から。

        一日、一日を。

        あわてんぼうのサンタクロースさん、こちらです。

        0
          今日は双葉学園のクリスマス会でした。
          同じ児童養護施設でもキリスト教系の施設さんの場合、クリスマス会は一年の行事の中ですごく重要な位置を占めていて、とても周到な準備をされ、教会関係者や地域の住民など外部からたくさんのお客さんを招いて開催されています。
          しかし、うちは無宗教の施設なので、クリスマス会もいたってざっくばらん。
          今年も、歌あり、踊りあり、腕相撲大会あり、おまけに私のヘタな歌まであり、何でもありのパーティで、おなかいっぱい楽しませてもらいました。
          明日がイブだけど、もうなんか、今年のクリスマスも終わった気分・・・いやいや、だめだめだめ、終わってない終わってない。
          子どもたちがプレゼントを待ってるから、サンタクロースさんには来てもらわなくてはね。


          (写真は、ボランティアで子どもたちにダンスを教えていただいている的石彩記子さんとレッスン生さんたちによるスペシャルステージ。皆さん、ありがとうございました。画像がブレているのは、私のせいです。)

          曇りときどき雨のち晴れ。お客様、90人。

          0
            昨日は、大阪市鶴見区の民生委員協議会の皆様が、施設見学に来られました。
             
            総勢90名様。
             
            あいにくの空模様で、ときおり激しい雨が降る中でのご見学となり、思いがけずご不自由をおかけしましたが、皆様、熱心に説明を聞かれていました。
             
            ごぞんじのように、「民生委員さん」は、地域住民の日常生活上のさまざまな事柄に関する相談に対応したり、助言・援助を行ったり、福祉セクターをはじめとするさまざまな関係機関への橋渡しをしたりというお仕事をされている方々です。
             
            しかも、無償で、です。
             
            頭が下がります。
             
            民生委員さんは地域の児童委員を兼任されているので、児童虐待の相談や通報の「窓口」となることも多く、その点で、われわれ児童養護施設と関連の深いお仕事だといえます。
             
            このような機会を通じて、できるだけ多くの民生委員・児童委員の方々に、児童養護施設とそこで暮らす子どもたちの現状に触れていただき、理解を深めていただければうれしいですね。
             
            (すみません、今日は写真はありません)

            青春の光と雨。

            0
              今日は公休日。在籍児童が通う高校の学園祭に、2校かけもちで行ってきた。

              あいにくのお天気で、どちらの高校も来場者の数は少ないようにみえたが、在校生たちはそんなことおかまいなしに盛り上がっていた。

              つまり客が来ようが来まいがとりあえず身内で楽しめればいい、それこそが学園祭の真骨頂。正解だと思う。



              さて、午前中おじゃました学校では、けっこう激しい雨にあった。

              その時はちょうど屋根のある渡り廊下に私はいて、テントがずらりと並ぶ中庭、ふりだした雨に皆さん大騒ぎしている様子をぼんやり眺めていると、あの山下敦弘監督「リンダリンダリンダ」のラストシーンを思い出した。

              やはり高校の学園祭が舞台の映画で、軽音楽部の女の子バンドが突然のリードボーカル交代(しかも新しいボーカルはバンド経験がないどころか、日本語さえおぼつかない韓国からの留学生!)というアクシデントを乗り越えて、無事体育館でのステージをやりきる、というお話。

              「一秒一秒痛ましくも美しくきらめきながら、一秒一秒みているそばから思い出になっていく、青春の時間そのものを、観客が登場人物達といっしょにリアルタイムで体験できる映画」。はじめてみた時に、そんな感想文を書いたのをおぼえている。

              おそらく私の個人的オールタイムベスト青春映画部門の10位以内には確実に入るであろう作品だ。(どうでもいいけど)

              あの映画のラスト。
              体育館でブルーハーツの「終わらない歌」を演奏する彼女たちの姿に、激しくふりしきる雨の中、学園祭の後片づけが終わった校内の様子、食べ物のポリ食器でいっぱいになったごみ箱、廃棄されるため山積みされた色とりどりの立て看板などのショットがインサートされていく。

              それらはまさに、一秒一秒みているそばから思い出になっていく青春の時間、その美しさと痛ましさをスクリーンに定着させたものであり、それゆえ、つまり「リンダリンダリンダ」は、このような、映画でしかできない表現に成功しているがゆえに、優れた青春映画たりえていると、私は思うのだ。

              渡り廊下に立って、雨ふりしきる中庭を眺めながら、あのラストの映像を頭の中で再生していた。
              もちろん、BGMはブルーハーツの「終わらない歌」だ。

              ♪終わらない歌をうたおう
              くそったれの世界のため
              終わらない歌をうたおう
              すべてのくずどものために♪

              いや〜、青春って、ほんと、いいものですね。(笑)


               

              ザ・グランド・ジェネレーション・ゴルフ。

              0
                今日は午後から、ご近所の鶴甲児童館さん主催による「グランドゴルフ大会」に参加させていただいた。

                舞台は、地域の児童公園。シニア(鶴甲白寿会グランドゴルフクラブ)の方々、若者(地元・神戸大学のボランティアサークルの学生さん)たち、そして(うちの学園の子等も含めた)子どもたち、という、まさにその年齢幅、優に70歳におよばんとする異世代混淆のグループで、ホールをまわる。



                ちょっと見たことのないような眺めである。

                この光景を、たとえば、ナチュラルなトーンで撮影し、上手いこと編集したら、すごくありがちではあるけれど、製薬メーカーなんかの企業イメージCMとして、そこそこの出来のものに仕上がるかもしれない。

                見ているだけで、心がぽかぽかして、口元が自然にゆるんでくるような、不思議で素敵な光景だった。


                (ところで、双葉学園の子の戦績は・・・)

                低学年の部・・・小3のHちゃん、なんと1位! 小2のRちゃんも2位!
                高学年の部・・・小5のRちゃん、2位!

                という、見事な結果でした。

                やったね!

                「私」はつねに「0.5秒前の過去」である。

                0
                  最近読んだ本の中から、おすすめを一冊ご紹介。

                  精神科医の岡野憲一郎さんが書いた『脳から見える心 臨床心理に生かす脳科学』である。

                  私はもともと文系のくせに、なおかつ生まれつき頭もたいして良くないくせに、いや、それだからこそのコンプレックスの裏返しなのか、理系の知識になみなみならぬ興味があって、生物学だとか物理学、宇宙論なんかの、おもに啓蒙書を読むのが好きなのだが、この本も、そういう私の好みのアンテナに引っかかって読み始めた本だ。



                  岡野先生がこの本で一貫してわれわれ読者に語ってくださっているのは、「脳が心をすべてコントロールしていると言い切ることはできないけれども、脳の仕組みは心のありかたにかなり影響を与えていることは確かなんだから、臨床心理士をはじめ人の心のありかたにコミットすることの多い人たちは、いちおう脳の仕組みについて関心をもっていたほうがいいよ」ということである。

                  もともと理系コンプレックスのかたまりの私なんかは、岡野先生のこのお考えに全面的に賛成するわけで、だから、この本は、とてもとても楽しく、あっという間に読めた。

                  最新の脳科学の知見の中で、心のありかたに関係するいろんなトピックスを、私みたいな文系の、しかもたいして頭の良くない人間にもある程度理解できるように、わかりやすく書いてくださっている。

                  目からウロコのお話がたくさんあるのだけれども、その中でひとつだけご紹介。

                  それは、ベンジャミン・リベットという神経科学者が1970年代に行った実験で得られた結果で、「人がある行動を起こそうと決めた瞬間の約0.5秒前に、脳はすでにその行動に向けての活動を開始している」という驚くべき事実である。

                  つまり、こういうことだ。

                  私は、さきほど「さて、近頃さぼり気味のブログを、今日は書くか」と思って、おもむろにパソコンの電源を入れたのだが、私が「パソコンの電源を入れるぞ」と意識したその瞬間の、あら不思議、0.5秒前に脳は、私の右手の指に、パソコンの電源ボタンをポチッと押すべく指令をだした、というのである。

                  つまり、「私の意識≒心」は、自分の意志でパソコンの電源ボタンを押したつもりなのに、それより0.5秒前に「私の脳」はその行為を勝手に開始していたということなのである。

                  「私の意識≒心」に、つねに0.5秒先行して、「私の脳」が行為する。

                  そんなふうに考えると、岡野先生もおっしゃっているのだが、なんだか少し気が楽になってくるような気がする。

                  ・・・と「私の意識≒心」が思うのも、今から0.5秒前、「私の脳」が思ったことなんですけどね。ああ、ややこしい(笑)

                  昨日は秋祭り、今日は豊年祭。なんか正しく日本の秋を満喫。

                  0
                    恒例の秋祭りが無事終わりました。

                    今年は、区の秋祭りや幼稚園の運動会が重なった上に、久しぶりに快晴となった週末であり、行楽にでかける方々も多かったとみえて、例年よりご来場者が少なかったのは残念でしたが、半面、バタバタせずにゆっくりおもてなしができて、それはそれで良かったかな、と。

                    何よりこの日が来るのをずいぶん前から楽しみにしていた子どもたちの笑顔が、最初から最後までほとんどMAXで見られたのがしあわせでした。

                    おっと、そんな笑顔いっぱいの秋祭りの模様を写真でご紹介せねばならないのですが、まだ整理がされておらず、今日のところは「工事中」ということで、しばしお待ちのほどを。



                    さて、秋祭りに引き続き、本日の日曜日は、こちらも恒例となった「米づくりクラブ」の豊年祭に子どもたちと一緒に行って来ました。

                    春の田植えから、秋の稲刈り、脱穀を経て、ついについに、みんなで育てたお米を、みんなで味わう嬉しい日。

                    ありがとう。ご馳走さま。

                    心まで満腹になりました。

                    今週土曜「双葉学園の秋祭り」開催します!

                    0
                      お知らせです。
                      10月12日の土曜日、午後1時から3時まで、園庭にて恒例の「双葉学園の秋祭り」を開催します。
                      子どもたちがこの日のために一生懸命練習した歌やダンスのステージ、楽しいゲームコーナーや素敵な商品があたるビンゴタイム、それに、ジュースやフランクフルト、ポップコーン、焼き鳥などが味わえる屋台コーナーなど、手作りだけど盛り沢山なコンテンツを用意して、皆さんをおもてなしいたします。もちろん、入場も、ゲームも、飲食も、すべて無料。
                      お子さんも大人の皆さんも、たくさんのご来場をお待ちしてます。

                      (写真は去年の秋祭りの模様)


                      ハーベスト・タイ〜ム!

                      0
                         今年も参加させてもらっている、風キャビン農園「米づくりクラブ」。実りの秋を迎え、9月22日「稲刈り」、29日「脱穀」と、2週連続で収穫作業に行ってきた。めっきり涼しくなったとはいえ、ピーカンの秋空の下、ふだんやらない肉体労働をやって、みんな汗びっしょりになった。


                        稲刈りは、100%完全に人力で。鎌で刈り、刈った稲は束にして、稲木に干す。脱穀も、機械を使ったとはいえ、半分は人力。昔の人の米づくりのたいへんさをあらためて実感した2日間だった。さて、2週間後は、ここで作ったお米を炊いて、みんなでおかずを持ち寄り、たらふく食べる収穫祭。いちばんよく働いた子が、いちばん美味しい目をする日だ。




                        カレンダー

                        S M T W T F S
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        30      
                        << September 2018 >>

                        selected entries

                        カテゴリー

                        過去の記事

                        recent comment

                        recommend

                        リンク集

                        園長プロフィール

                        サイト内検索

                        モバイル

                        qrcode

                        広告