園長ブログ
鶴甲に吹く風は。

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.02.17 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    2013 G.W.ハイキング、または山歩き後の筋肉痛の発症時間と年齢の相関関係について。

    0
       4月29日は、園長主催の恒例(といいながら、まだ2回目ですが)G.W.ハイキング。小学5年生から高校1年までの男女11名と、職員3名、ボランティアさん1名、計15名のパーティで、初夏の光あふれる六甲を歩いた。
      長峰山から杣谷峠、穂高湖へ、つづいて徳川道を桜谷出合まで下りて、さらに桜谷道を摩耶山へと登り返し、最後は上野道を辿って摩耶ケーブル下へ下山する、という全長10キロ超のコース。けっこうアップダウンが多く、距離も、去年の芦屋ロックガーデンと比べると倍近くになる。午前10時から登り始め、街に下りてきたのは、午後5時過ぎ。休憩やお昼ご飯の時間を差し引くと、5時間半は歩いたはずだ。
      それでも驚いたのは、学園に戻ってきて、晩ご飯を食べた後、筋トレをした子どもが何人かいたこと。勢いあまってなんとやら、といいますが、心身ともにエネルギーがないとこれはできない。やはり、成長期の子どもって、すごいなあ。あらためて感心したしだい。
      もうひとつ、今回はっきり実データをもって証明されたことがある。山歩き後の筋肉痛の発症は、年齢に比例して遅延するという事実である。
      子どもたちはほぼ全員、翌朝の火曜日、登校前に筋肉痛を訴えていた。いっぽう、ハイキングに参加した20代後半の男性職員は、火曜日はまったくなんともなかったが、翌々日の水曜日(つまり今日)、筋肉痛がでたという。
      そして、私。50代なかばのこの私といえば・・・。なんと、今日になっても、まだ痛みをいっこうに感じない。明日が来るのが、怖いのである。

      (ボランティアで引率をお願いしたNさん、ありがとう&ご苦労さまでした。筋肉痛、もうでてますか?)(笑)

      (写真は、摩耶山・掬星台からの眺望。午後から少し曇ってきたので、残念ながらイマイチすっきりしない眺めでした。それに、風も強くなってきて、寒かった・・・)


      スポンサーサイト

      0
        • 2014.02.17 Monday
        • -
        • 11:17
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








            
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        カレンダー

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << September 2019 >>

        selected entries

        カテゴリー

        過去の記事

        recent comment

        recommend

        リンク集

        園長プロフィール

        サイト内検索

        モバイル

        qrcode

        広告